《レポート② 島豆腐づくりワークショップをしました!》

  • 2018年10月02日

こんにちは、スタッフの山田です。

 

先日、スローフード主催の食の国際イベント、
イタリアのテッラマードレへ参加してきました!

 

続きまして、
『The art of making shima-tofu
島豆腐づくりワークショップ』のご報告!

 

あいあいファームでは、今年から本格的に在来の島大豆の栽培を始めました。島豆腐の原材料である大豆のほぼ9割が沖縄以外の地域や国に頼っている状況から、本来の味を取り戻し、もう一度沖縄の食文化を紡いでいくためのプロジェクトです。

 

 

島豆腐の特徴とそのつくり方、フードロスの観点からみたおからの活用法など実際に島豆腐を作りながら一時間という限られた時間のなかで私たちの思いをワークショップ形式で伝える。

 

やっぱり色々なハプニングもありましたが、
ありがたいことに当日は満員御礼!

 

キッチンの前に立つと、
参加者のみなさんからの興味津々な眼差しが。

 

 

どこの国から来たのかパッと見て分かることはできなかったけれど、たしかにここには”島豆腐”という沖縄の食文化を知りたいと思って集まっている沢山の人がいる。

 

それを思うだけで、少し鳥肌が立ちました。

 

にがりをうつ場面や型に押し固める場面には参加者の方に手伝ってもらったり、コミュニケーションを取りながら楽しくあっという間に終了。

 

ワークショップのなかではもちろん実際に出来たてあちこーこー島豆腐の試食も。
急遽サポーターとして駆けつけてくれた心強いシェフの片桐さんのおかげで、島豆腐の美味しい食べ方までを体験して頂くことができました!

 

 

 

豆腐に対する関心はもともと高いことは聞いていましたが、参加者の皆さんの反応としては、実践的な情報に対するリアクションが大きかったように感じました。

終わった後も細かく質問されたので、
みなさん、豆腐を作ってみたいそう。

 

 

私たちの大切にしている文化や暮らしかたを、
認め合うことができたり、それがたとえ受け入れられなくても否定されてもその思いの存在を証明してもらえる。

 

今回はワークショップが終わって気持ちが落ち着いたあと、とても清々しかった感覚を覚えています。ちゃんと伝えることができた。

 

あいあいファームの在来の島大豆を復活させるという挑戦ははじまったばかりだけれど、その結果には確かなものがある、と思いました。

 

このような貴重な機会をいただいたことに心より感謝いたします。ありがとうございました!

 

島豆腐づくりワークショップを一緒に担当したスローフード琉球の北林さんとこれからも沖縄でのスローフード活動を頑張りたいと思います◎