レポート① 沖縄からTerra Madre/テッラ・マードレ に参加しました!

  • 2018年10月01日

こんにちは、スタッフの山田です!

 

みなさま、台風24号ではご無事でしたでしょうか?
沖縄では各所で被害が出たり、停電や断水があったり、
その後の片付けに追われているかと思います。
早くいつもの日常に戻りますように。

 

実は台風がやってくる前に、
遠くはるばるイタリアへ行ってまいりました!

 

その目的地はトリノで2年に一度開催される
世界から100万人が来場する食にまつわる国際イベント、
スローフード主催の『Terra Madre/テッラマードレ』。

 

 

 

 

今年は9月20日(木)〜24日(月)の5日間にわたって開催され、世界から140ほどの国と地域から生産者・シェフ・職人・活動家など食に携わるさまざまな人々が集い、食事やワークショップ、イベントを通じて、色んな言葉や文化が行き交う、とても活気のある場となりました。

 

あいあいファームとスローフードの関わりとして、
きっとみなさんの記憶に新しいのは今年4月にあいあいファームで行われた『Slow Food Fest in 琉球 2018』ではないかと思います。
(詳しくはこちら▷Slow Food Fest in 琉球 2018 with Alice Waters

 

なんと!そこでのご縁をきっかけに、
島豆腐づくりワークショップ」を担当させていただくことになり、豆腐の型と島大豆を持って飛行機に乗って、はじめてのテッラマードレに参加。

せっかくなので、テッラマードレでの出来事とそこで感じたこと、
そしてこれからについて考えたこと。

 

数回に分けてご報告いたします!お楽しみに!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとまず感想をまとめると、

 

「おいしいね」や、「たのしいね」から始まる関係性のなかでお互いの文化の多様性を認め合い、敬意を表する。
スローフードという草の根運動から広がったこの世界にとにかく感動しました。

 

と同時に、沖縄に帰った後いま向き合うべき現実と、
日々の心のありよう、姿勢を見つめ直す。

 

勇気ある、小さな挑戦を。
周りを見渡せば心強い仲間がいました。

 

今年のテーマ「FOOD FOR CHANGE」でした。